スマートフォン用の表示で見る

なおざり

一般

なおざり

なおざり

(名・形動)[文]ナリ

(1)真剣でないこと。いいかげんにして、放っておくこと。また、そのさま。

「商売を―にする」

(2)深く心にとめないこと。あっさりしていること。また、そのさま。

「よき人は…興ずるさまも―なり/徒然 137」

(「大辞林三省堂)


要するに、いい加減な上、やってもいないこと。


等閑


おざなり(御座なり)との違い

意味が似ているためよく混同される言葉であるが、実際に行為を「する」か「しない」かのところに違いがある。

「おざなり」はその場だけ取り繕う行為を「する」ときに用い、「なおざり」は物事に対していい加減なうえになにも「しない」ときに用いる。