なぎなた

詳しくは"ナギナタ"参照。

武道の一種。

薙刀・長刀とも書くが、現在は「なぎなた」表記が一般的。


幅広い年齢層が行っている。

練習・試合用のなぎなたは刃部を竹、柄部を樫の木から作られている。長さは2メートルほど。

試合競技は、剣道と同じように決められた部位を打突して勝負を決める。

部位は「面・脛・小手・胴・喉」がある。(「脛」部は剣道にはない。)

また、演技競技もある。