にちりん

地理

にちりん

にちりん

JR九州L特急の一つ。おもに日豊本線で運転される。最盛期は博多小倉〜大分〜宮崎〜西鹿児島と運転され、熊本経由で博多西鹿児島を結ぶ「有明」と共に九州特急の双璧を成していた。運転区間は年々細分化され、現在は小倉別府・大分〜南宮崎宮崎空港間の運転(宮崎空港発着列車の宮崎〜宮崎空港間は普通列車)で、783系ハイパーサルーン」(5両編成)と787系(4両編成または6両編成)が使用されている。

「にちりん」の派生列車

ソニック

883系電車はもともと「にちりん」の新型車両として導入され、列車は「ソニックにちりん」と称されたが、その後、博多発着の系統は「ソニック」として独立。今では885系白いソニック」も導入されている。

なお「ソニック」と「にちりん」は別府駅で同一ホーム対面乗換えが組まれており、両列車を別府または大分で乗り継いだ場合は特急料金が通しで計算される。

きりしま」「ひゅうが

にちりん」と同じく787系783系が使用されている。「きりしま」は宮崎以南鹿児島中央まで、「ひゅうが」は宮崎県内のみ(延岡〜南宮崎宮崎空港)で運転される。

にちりんシーガイア

にちりん」と同じく783系787系を使用し、博多小倉南宮崎宮崎空港間で運転される。現在、博多駅に乗り入れる列車で「にちりん」と名前が付くのはこの1.5往復のみ。

にちりん
目次