スマートフォン用の表示で見る

ねじれ国会

社会

ねじれ国会

ねじれこっかい

おもに日本国国会について、衆議院の多数派(=政権与党)が参議院で少数派になり、野党が多数派を占めること。

正式な立法用語ではなくマスコミ造語で、おもに批判的な文脈で使われることが多い。


与党の法案が参議院を通りにくくなり、政権運営が行き詰まりやすい。

2007年参議院選挙以後の「ねじれ国会」は、安倍内閣福田内閣の退陣につながった。

しかし、二院制は最初からこうした事態を想定した制度であり、議会制民主主義が正常に機能している状態ともいえる。

状況の打開策として

などが考えられる。

2013年7月の参院選において、自民党が非改選と合わせて135議席参院の過半数を確保。衆参で与野党勢力が逆転していた「ねじれ国会」は解消された。