スマートフォン用の表示で見る

ねずみ捕り

一般

ねずみ捕り

ねずみとり

レーダー式(仮設・移動車両への設置)・ループコイル式(固定設置)などの仕組みの違いはあるが、一般的には「機械を応用した速度測定機で、通行車両のスピード違反を測定・摘発」する行為全般を指して呼ぶ。「ねずみ取り」・ねずみ獲りなどの表記も。

ちなみに、ねずみ捕りをしている場面を反対車線を通行している際に見かけたら、向こうから来るドライバーに注意を喚起する意味で、ライトをパッシングさせて知らせるのがマナーである。