スマートフォン用の表示で見る

はてなグループ

よく知られてないだけだと思うんですけども、たぶん、はてなグループは「え?えええ?!」っていうくらいのサービスです。

導入部「日記を書く人々のコミュニティ」の話ですが、はてなダイアリーって日記とキーワードでつながった空間じゃないですか。こういうのを仮に「ダイアリー空間」なんていうふうに呼ぶとしますと、はてなグループは、その「ダイアリー空間」を作れるサービスなんです。

「はてなダイアリー」というサイトをたくさんの市民がいる大きな『市』に例えるとするなら、そのまわりに小さな村とか島のような「はてなグループ」サイトが沢山あって、ユーザーがそこの「管理人」になっているかんじです。

ひとつのグループの定員は500人までですが、ひとり(管理者ユーザーだけ)で日記を書いたりするのにも使えます。そして現在(2006/01/24)の所、ひとりでグループをいくつ作成しても良いのです。え?えええ?!(自分で言っちゃう)詳しくははてなグループのヘルプをご覧ください。

はてなダイアリーとの違い

「はてなグループ」は自分が管理者ユーザー(グループを作った人)になれば、グループの管理責任が生じたり、トップページのデザインをHTMLで書き変えられたりといろいろありますが、“他の人が作ったグループに参加して日記を書く”ときの、ダイアリーとの目立った違いだけご説明します。

グループを作ったユーザーが管理人。

はてな利用規約第6条7の2に『グループ管理者の要請、命令、強制的措置等に反する行為』を行ってはいけないとあります。そのグループごとで決められた運営ルールがあれば、きちんと守りましょう。

日記の公開で、ユーザーモードやグループモードがある。

パブリック(公開)とプライベート(非公開)の中間で、はてなユーザーだけが読める「ユーザーモード」と、同じグループのユーザーにだけ日記を公開する「グループモード」があります。

日記の機能は、はてなダイアリーより少ない。

日記の機能はあんまり「はてなグループ用の新機能」って出てきません。だいたいはてなダイアリーで開発されたものが、はてなグループでも使えるようになっていくという形で、モジュールや記法などの機能は常にはてなダイアリーより一段落ちます。ただ基本的には同じようなかんじで、日記をつける分にはさほど不便はないと思います。また掲示板・タスク管理・有料でファイル共有といったダイアリーにはないグループ向け機能があります。

携帯端末から、読めない。多国語が書ける。

はてなグループは文字コードでUnicodeを使用している関係もあって、携帯端末から読むことができません。ただしUnicodeは様々な言語を日記にそのまま書くことができる利点があります。

独自のコミュニティ作り。

グループ最大の売りは、やはり自由度の高い独自のコミュニティ作りでしょうか。はてなスタッフが自転車レースのために立ち上げているTOUR DE 信州グループ、「せどり」の人の一大コミュニティせどりグループ、だらだらしてることがアイデンティティのダウナー部レッチリ関係のキーワードの充実がすごいRed Hot Chili Peppers Fanなどなど、いろいろな目的・雰囲気のグループがあります。(参考ページ:グループ一覧

はてなダイアリーからグループへのリンク

『id:○○』と書いてリンクする省略記法を、グループの日記に対して行う方法です。『g:グループ名:id:ユーザー名』のように書きます。例えば

g:hatena:id:hatenagroup

と書くと

g:hatena:id:hatenagroup

のようになります。あるグループから別のグループにリンクするときも同様です。

グループからダイアリーへは

d:id:hatenadiary

のように『d:id:ユーザー名』を書きます。

日記の使い分け

はてなグループの日記は、はてなダイアリーキーワードの「〜〜を含む日記」欄に出てきません。はてなダイアリーのキーワードからのお客さんは、基本的に来ないということです。

でも、日記の文章をはてなダイアリーキーワードに自動リンクさせることはできます。またキーワードにトラックバックは送れます。

心なしか、グループの日記はダイアリーよりもの静かに、心安らかに書けると思います。避暑地のような気分で(?)ダイアリーと2本立てにしている人はけっこういます。

特定のテーマだけをグループの日記に移したり、日記の使い分けに利用できます。

はてなグループのキーワードをはてなダイアリーで利用する

いろいろと作成ルールがあるはてなダイアリーキーワードに比べて、はてなグループ内のキーワードはまったく自由に(そのグループのルールに沿って)作ることができます。

仲間内だけで流行っている言葉とか、好きなアイドルの名言とか、1文字のキーワードとかですね、自分は辞書的に登録しておきたいけれど、ダイアリーではちょっと登録できないようなキーワードを作っていくことができるのです。

そういったグループのキーワードにダイアリーからは『[g:hatena:keyword:はてなダイアリー利用可能タグ]』のような省略記法でリンクできますが、さらに便利な方法があります。

『管理ツール画面 > 日記の設定 > 日記の基本設定 > キーワードの自動リンク設定 > はてなグループ』で、指定したグループのキーワードに自動リンクできるようになるのです。

css
beta
hdd

のように改行で追加します(※指定可能なのは3グループまで)。

これでグループの方で思うようなキーワードを作り、自分の日記で活用することができます。また、キーワードが充実しているグループのキーワードだけを利用させてもらうのも良いでしょう。「リンク」なので、基本的にはどのグループのキーワードに自動リンクするのも自由です。


はてなカウンターと合わせて使うに戻る← | →タグを使うに進む

目次