スマートフォン用の表示で見る

はてなダイアリーガイド「キーワードってなに?」

キーワードってなに?

はてなダイアリーキーワード

はてなには“同じ言葉”が書かれたページを関連づける仕組み、キーワードシステムがあります。関連づけのために登録されたその言葉のことを「キーワード」と呼びます。

そのうち、はてなダイアリーで登録されたものが「はてなダイアリーキーワード」で、はてなダイアリーユーザー全員の共有物になっています。それぞれのキーワードにはキーワードページがあり、その言葉の説明や、画像などの関連情報を載せることができます。

“キーワードがあるからはてなで日記を書いている”という方も多いでしょう。はてなダイアリー最大の特徴のひとつ「はてなダイアリーキーワード」について、改めてご説明します。

機能1.興味のある文章探しに

キーワードはその言葉を含む日記をリストアップし続けます

「キーワード」はまず、はてなダイアリー全体の検索をする「索引語」と考えていいでしょう。あるキーワードのページから、その言葉を使った日記や、その言葉を使った他のキーワードを探し出すことができます。

例えばキーワード「自転車」は(キーワードリンクを消している日記は除きますが)、はてなダイアリーで更新されたすべての日記の文章から「自転車」という言葉を使っている日記を探し出して、最新順に表示し続けています。

このリンクからそれぞれの日記を読みにいくと、そのキーワードがこのようにハイライト表示されています*1

「○○を含む日記」リストはつねに更新されているので、「いま終わったばかりのサッカーの試合の感想を“チーム名のキーワード”で探す」「きのう放送された“ドラマのタイトル名”で感想を探す」「今朝発表されたセキュリティホールについて“ソフト名”で」……といったように、あなたの工夫次第でタイムリーな情報を探し出せるでしょう。

  • 【補足*1】日記のスタイルシートによっては見栄えが異なることがあります。自分の日記の表示を標準の見栄えにするには、管理画面「デザイン > 詳細デザイン設定」の「スタイルシート欄」に『span.highlight {color: black; background-color: yellow;}』と記入してみてください。

○○を含むキーワード・注目エントリー・関連するISBN/ASIN・含むJAN/EAN

キーワードは他のキーワードもピックアップします

また日記だけではなく、説明文に「自転車」が使われているキーワードも表示します。これは一番最近に編集されたキーワードが上に表示されます。

同様に「含む注目エントリー(注目エントリーの説明)」「含むJAN/EAN(eanページ)」「関連するISBN/ASIN(asinページ)」も表示します。

さまざまな情報が、キーワードページに自動的に集まっています。

機能2.文章中の言葉の説明に

日記キーワードで文章を登録すると、自動的にこのようなキーワードページへのリンクがつきます。

これをキーワード自動リンクと言います。

日記を書く人にとって一番面白いのがこの機能でしょう。読む人にわかりにくいかな?と思えるような言葉を書いたときでも、リンク先のキーワードページにぴったりの説明文が書かれていると便利だなあと実感します(完全な辞書機能を求めるのはちょっと無理がありますが)。

また読者は気になるキーワードのリンクをたどって、興味のままに他の日記へ移動していくことができます。はてなダイアリーは日記を始めたばかりの人でも、ある程度の分量を書けば読者を得やすい特長があります。

とはいえ文章がリンクだらけになる、とんでもない機能です。当然このリンクは必要ないという場合もあるでしょう。その場合の対処法や設定は、この後のガイドで出てきます。

  • 【関連ページ】はてなダイアリー以前から、このようなシステムを持つウェブツールに「Wiki」があります。ウィキペディア(Wikipedia)はユーザーが作りあげる百科事典として有名です。

はてなはキーワードだらけ

キーワードの総登録数ははてな検索のトップに記載されている数で、今もどんどん増え続けています。

日記を書いていると、たいてい一日でいくつもキーワードリンクが発生しますので……

はてなのサービスはキーワードを通じて、ものすごい密度でリンクが張られています。そして興味のある言葉から言葉へ、いろいろな情報を得ながら、思いがけない日記や記事を探しに行くことができるのです。


ユーザーが情報共有するページに戻る← | →キーワードの機能いろいろに進む