スマートフォン用の表示で見る

はてなダイアリーガイド「モジュールを使う」

ガイドトップへ・ ガイドトップ ・ 目次 ・ 索引

モジュールを使う

はてなアンテナの更新情報を表示する「antennaモジュール」や、最近の見出しのリストを表示する「sectionモジュール」などなど、はてなダイアリーは「モジュール」と呼ばれる追加機能によっていろいろなことができます。他のブログサービスでは「プラグイン」などと呼ばれる機能にあたります。

モジュールは、一度設置してしまえばあとは自動で情報が更新されます。自然に情報を集めてくれるようなモジュールは自分にとって便利ですし、自動で日記の記事が整理されるようなモジュールは閲覧者にとって便利です。どんなモジュールを設置しているかでその日記の作者の興味や運営スタイルが感じ取れたりして、日記の個性のひとつになっています。

ここではモジュールの基本的な設置方法と、どのようなモジュールがあるのかをご紹介します。すんごいたくさんありますけど。

モジュールの設置

ほとんどのモジュールは日記のヘッダやフッタ、特に「サイドバー」の中で利用します。モジュールの多くは(使うかどうかは別として)日記本文の中でも展開することができ、引用モジュールは例外的に日記の文章中で使うためのモジュールですが、ここではモジュールをヘッダやフッタなどに設置する方法をご紹介していきます。

かんたんデザイン設定で対応しているモジュール

かんたんデザイン設定で設置できるモジュールについては「かんたんデザイン設定」 - モジュールを選ぶをご覧ください。

かんたんデザイン設定で選べないモジュールは、次に説明する方法で設置する必要があります。またモジュールを“サイドバーの中で位置を移動したい”とき、“サイドバー以外の所に表示させたい”とき、“モジュールの細かい設定を行いたい”ときなどは、以下の方法で詳しく設定します。

hatenaタグによるモジュールの設置

『管理ツール > デザイン > 詳細デザイン設定』の下の方、『ページのヘッダ』『ページのフッタ』欄に

<hatena name="モジュール名">

のようなhatena独自のタグを記入することで、モジュールが設置できます。

例えばantennaモジュールを設置するタグは

<hatena name="antenna">

のように書けばOKです。

『かんたんデザイン設定』の『モジュールを選択』は、このタグを適切な位置に入力してくれる機能なのです。自分で編集する場合は、もっと自由な位置に配置できますし、より細かいモジュールのオプション設定ができるようにます。

ヘッダ欄やフッタ欄のどこに入れるのが一番いいかというような説明は活用編「ヘッダとフッタ」「ヘッダやフッタに何かを入れる」「サイドバーに何かを入れる」をご覧ください。

モジュールのオプション指定

<hatena name="モジュール名" オプション指定項目="指定する値">

という書式でオプション指定項目を追加していくと(ほんとはぜんぶ半角アルファベット)、モジュールの細かい設定を指定するできます。タグになじみのない方は、英数字ばかりでちょっと面倒そうに思えるかもしれませんが、全部同じパターンなのでやってみれば簡単です。どんなオプション指定ができるのかは、次のモジュール一覧から各モジュールの説明をご覧ください。

なにも指定しないときは、はてなの初期設定値が適用されます。antennaモジュールで何も指定していないときは、以下のオプション指定をしたのと同じ状態です。

<hatena name="antenna" listlimit="20" dateformat="%y-%m-%e %H:%i:%S">

これで“anntennaモジュールの、表示するリストは20件まで、時刻表示は05-1-01 00:00という形式”という指定になっています。

ここでたとえば、

<hatena name="antenna" listlimit="5" dateformat="%H:%i:%S">

というふうにhatenaタグを書き変えると、“表示するリストは5件まで、時刻表示は00:00という形式”になります。

モジュール一覧へ

それでは、興味のあるモジュールがありましたら説明を見に行ってみてください。

※文字数制限の都合でモジュール一覧は(1)(2)(3)とページを分けました。

なお、最新のモジュール一覧はヘルプを参照ください。

過去日記・未来日記を利用するに戻る← | →はてなの他のサービスと合わせて使うに進む

目次