はてなダイアリーガイド「日記のキーワードリンクを消す、編集する」

ガイドトップへ・ ガイドトップ ・ 目次 ・ 索引

日記のキーワードリンクをコントロールする方法についてのまとめです。

※まだ「キーワード」についてのガイドの前ですので、順に読まれている方はここを飛ばされてください(次の「リンク元・トラックバックの見方」へ)。

日記の編集画面から『キーワードリンクを編集』

編集画面のキーワードリンクを編集

図の『キーワードリンクを編集』をクリックすると、その日の日記文章の中にあるキーワードが一覧できる画面になります。

リンクスコアをリンク不要に設定すると、そのキーワードは今後自動リンクされなくなります。リンク可に設定することで、リンクスコアがあがり、重要なキーワードであるとみなされて、おすすめ商品の表示などに反映されやすくなります。この日の日記だけ、例外的にリンクを行いたくないキーワードは、「今回は不要」にチェックを入れてください。

またこの画面では各キーワードのスコアが表示されています。自分の日記の設定で、スコアいくつ以上のキーワードをリンクしようかと考える時の参考になるでしょう。(スコアについてはキーワード「リンクスコア」などをご覧ください。)

キーワードから日記へのリンクも切れる

文中のキーワードリンクを見えなくする方法は他にもいくつかありますが、キーワードから日記へのリンクも同時に外せるのがこの機能の特徴です。編集で消したキーワードのキーワードページの方ではあなたの日記が「そのキーワードを含む日記」のリストから外されます。

日記の設定より低いスコアのキーワードは日記上でリンクになりませんが、キーワード側から日記にはリンクが張られています。その低いスコアのキーワードから読みにくる人もいるかもしれませんが、キーワード側からのリンクを切っておきたい場合は同じように『キーワードリンクを編集』で外していきます。

キーワードリンクを元に戻す

『キーワードリンクを編集』で「今回は不要」に設定した後に『この内容を登録する』で日記を普通に更新すると、編集したキーワードリンクが全部元に戻ります。けっこう不満のタネになってますけどそういう仕様なんです。

せっかく編集で消したキーワードリンクを元に戻したくない場合は、『ちょっとした更新』で更新して行くと元に戻りません。ただし『ちょっとした更新』では新しいキーワードリンクも発生しませんし、自動トラックバックなども行えません。対策としては発生させたいキーワードを「」と「」で囲って「ちょっとした更新」していくとか……自動トラックバックはあきらめて手動で送るとか……。

つまり、1日の終わりに編集すると楽です。

それ以外の編集方法

他にも日記のキーワードリンクを編集する方法はたくさんあるので、ここでまとめてご紹介します。

入力時に文章を[]と[]で囲う

下のようにキーワードリンクが発生している文章も

キーワードは日記と日記を結ぶ掛け橋です。

入力画面で[]と[]で囲ってやることによって(「[]」は半角の「[」と「]」)

[]キーワードは日記と日記を結ぶ掛け橋です。[]

キーワードリンクがなくなります。

キーワードは日記と日記を結ぶ掛け橋です。

  • 【特徴】一度編集してしまえばリンクが復活しないので確実。文章に手間をかければ思い通りに表示できる。
  • 【特徴】キーワードの説明文もこの方法で編集できる。
  • 【特徴】ちょっと面倒くさい。

面倒くさい例。[][]で囲った文章中に「改行」や「リンク」など(つまりタグ)が入ると無効になってしまいます。例えば

[]はてなダイアリー日記(id:hatenadiary)から引用しました。[]

と書くと

[]はてなダイアリー日記id:hatenadiary)から引用しました。[]

のように表示されてしまうでしょう。id:hatenadiaryは自動的にリンクになるからです。

この場合、リンクが発生する部分の前後をさらに[][]で囲むように入力すると

[]はてなダイアリー日記([]id:hatenadiary[])から引用しました。[]

キーワードが消えてリンクが残ります。

はてなダイアリー日記(id:hatenadiary)から引用しました。

カテゴリーの設定を変える

「管理ツールトップ > 記事の設定」の「キーワードの自動リンク設定」でカテゴリーを設定します。

管理ツール画面のキーワードの自動リンク

カテゴリーとは分類のことです。キーワードはその言葉のジャンルによって、ユーザーが各カテゴリーに分類しています。例えば、自分は「音楽」のことを日記に書くことはないなと思ったら「音楽」のチェックを外しておくと、そのカテゴリーに属するキーワードはすべてリンクしません。カテゴリーは時々、はてながユーザーの要望を反映して増えています。

  • 【特徴】一度設定するとそのカテゴリーのキーワードはずっと自動リンクしない。
  • 【特徴】リンクをしないことにしたカテゴリーや名詞に、どんなキーワードがあるかは検索して調べないとわからない。

スコアの設定を変える

「管理ツールトップ > 記事の設定」のキーワードの自動リンク設定にある『スコアが○○より大きいキーワードを自動リンクする』で、一定のスコア以上のキーワードだけをリンクするようにします。(スコアについてはキーワード「リンクスコア」などをご覧ください。)

有料オプションに加入している日記は、55から100までの数値も選べます。

  • 【特徴】有用性の高いと思われるキーワードをある程度判別できる。
  • 【特徴】スコアはユーザーの意見の合計で決まるので、自分の価値観と完全には合わない。

キーワードの見た目を目立たなくさせる

もしキーワードリンクが発生して「文章が読みにくくなる」ことが問題なら、スタイルシートで見た目を工夫してみましょう。テーマの中にははてなダイアリー用に開発されていないものもあるので、キーワードリンクが普通のリンクとまったく同じに見えるものも多数あります。

スタイルシートを使って、これを変更するとわずらわしさはだいぶ減少します。詳しくは応用編「キーワードの見栄えだけ目立たなくしてみよう」をご覧ください。

  • 【特徴】一度設定すると見た目が悪くなりにくい。
  • 【特徴】読者が「キーワードリンク」と「あなたが意図的に張った普通のリンク」の違いに気がつきやすい。
  • 【特徴】見た目が変わるだけでリンクそのものがなくなるわけではない。
  • 【特徴】キーワードを目立たせたて使いたい日記には向かない。

キーワードを削除する

キーワード自体を削除すると(誰かがまた同じキーワードを登録しない限り)キーワードリンクが発生しません。

ユーザーの共有物であるキーワードを削除するので、他のユーザーとのトラブルを回避する方法を身につけている必要があります。はてなダイアリーに慣れ、ユーザー全般がどのようにキーワードを利用しているかがわかってくるまではやらないほうが無難でしょう。

ちょっと大変ですがはてなダイアリーのヘルプ「キーワード機能」の他に、ユーザー作成の「キーワード作成ガイドライン」「キーワード削除ガイドライン」に目を通すことをお勧めします。やり方については基本編「キーワードの削除」をご覧ください。

  • 【特徴】特定の語句だけをキーワードリンクしないようにできる。
  • 【特徴】全ユーザーの日記に適用されるので、削除に賛成の多くのユーザーの手間がはぶける。
  • 【特徴】あなたが削除したいキーワードを残したい人がいる場合、コメント欄などの意見交換で納得してもらうか、譲歩してあきらめることが必要。
  • 【特徴】同じキーワードが登録されるたびに削除が必要。

適切なキーワードを登録する

意図しないキーワードリンク、いわゆるミスヒット(誤爆)の対策です。「キーワード作成ガイドライン」の「いわゆる「誤爆」問題について」などを参考にしてください。

たとえば「タッチタイプって難しい」が

タッチタイプって難しい

になってしまう場合、キーワードとして「タッチタイプ」を登録し、日記を更新すれば

タッチタイプって難しい

になります。

また日記に現れたキーワードからキーワードページを見てみたとき、「自分の思っていたものとは違うものに関する説明」が書かれている場合もあるでしょう。その場合はキーワード画面の下の「別の○○○○を作る」で、同じ字面の別のキーワードを登録できます。キーワードは今も登録され続け、より大きなデータベースになっている途中なのです。

  • 【特徴】一度登録してしまえばそのキーワードが自分の意図通りにヒットする。
  • 【特徴】はてなのキーワードがデータベースとして充実する(充実する手がかりになり得る)。
  • 【特徴】キーワード登録の手間がかかる。
  • 【特徴】キーワード登録に適さないような語句や、2つの語句にまたがった部分へのミスヒットなどでは、この対策は難しい。

ちょっとした更新だけで更新

「ちょっとした更新」で日記を書き続けると、キーワードリンクが発生しません。

発生させたいキーワードがあるときは、その文字列を「」と「」で囲って(このように?)、「ちょっとした更新」をします。

自動トラックバックが起こらなくなるので、トラックバックしたいときは編集画面の『トラックバックを送信』を使います。

  • 【特徴】わりと手軽。
  • 【特徴】どんなキーワードが発生するはずだったのかは調べないとわからない。
  • 【特徴】すべて手動になるのが面倒ではある。

有料オプションでキーワード自動リンク機能をオフ

有料オプションを申し込むことでキーワード自動リンク機能がオフにできます。日記内にキーワードリンクが発生しません。

発生させたいキーワードがあるときは、その文字列を「」と「」で囲います。

  • 【特徴】完全にキーワードから解放される。
  • 【特徴】キーワードを利用しにくい。

日記内のひとつのキーワードのリンク回数を1回にする

管理画面の「管理ツールトップ > 記事の設定」のキーワードの自動リンク設定で、『日記内に同じキーワードが複数ある際、2回目以降のキーワードもリンクする』のチェックを外すと、日記の文中で同じキーワードが何回か出たとき、最初のキーワードだけがキーワードリンクになります。

“説明用のキーワードリンクは1度だけでいい”という方は外しておくと良いでしょう。


日記の編集画面についてに戻る← | →リンク元・トラックバックの見方に進む

目次