スマートフォン用の表示で見る

地理

はやぶさ

はやぶさ

東北新幹線北海道新幹線の列車名。

かつては東京九州を結んでいた寝台列車の名称の一つであった。

新幹線「はやぶさ」

2010年12月の東北新幹線八戸-新青森間開通とE5系の投入に伴い設定された速達列車の愛称である。2011年3月5日より東京新青森間2往復・東京仙台間1往復で運転を開始。最高速度300km/hとなったため、速達列車の位置付けから従来の「はやて」より特急料金を割増に設定している。

2013年にはE6系運行開始に伴い「こまち」との併結運行を開始し、あわせてE5系単独での運行となる列車の最高速度を320km/hに引き上げ。2014年3月15日からはE6系併結列車も最高速度が320km/hとなった。

2016年3月26日の北海道新幹線新青森-新函館北斗間開業により、一部列車が北海道新幹線に直通し、新函館北斗発着で運転される。それに備えてJR北海道も、E5系とほぼ同一仕様のH5系を新造した。また、青函トンネルを含む海峡線内は、線路を共用する貨物列車とのすれ違いによる影響を考慮し、当面の間は在来線時代と同じ140km/hとし、東京-新函館北斗間は最速4時間2分での運転となる。

車両と設備

車両はE5系(H5系)10両編成で、グリーン車グランクラスが設定されている。列車によっては東京盛岡間でE6系こまち」と併結して運行するほか、盛岡以南のみの運行の列車ではE6系を連結した17両となる列車もある。

寝台特急「はやぶさ」

1958年10月1日から運行を開始。当初の運行期間は「東京―(鹿児島本線経由)―鹿児島」間だった。青い車体のブルートレインとなったのはその2年後に20系客車を投入してからで、これに併せて行先も西鹿児島(現・鹿児島中央)に変更となる。1980年ダイヤ改正で、東京発の日豊本線回りで西鹿児島へ向かっていた「富士」が宮崎止まり(晩年は更に運転区間が短縮され、大分止まりとなっていた)となり、以来、日本最長距離を走る特急列車としてファンの間で知られていた。

晩年の運行区間は「東京熊本」。2005年2月28日までは東京鳥栖間を「さくら・はやぶさ」として併結運転となっていたが、2005年3月1日からは併結相手の「さくら」の廃止に伴い「富士」との併結運転となり、東京門司間では「はやぶさ・富士」として運転されていた。

上り列車で遅延が大きくなった場合は小田原駅から東海道貨物線経由とし、品川駅運転を打ち切ることもあった(他の東海道線系統のブルートレインも同様であった。また、サンライズ瀬戸サンライズ出雲についても同様の措置がとられる)。

ひとまずは廃止をまぬかれた「はやぶさ」であったが、運転時間が長く航空機に対抗できない東京九州方面の寝台特急は一様に苦戦を続けており、2009年3月ダイヤ改正で廃止された。