ひまし油

[英] Castor oil

ひまし油蓖麻子油)は、トウダイグサ科トウゴマ種子から採取する植物油の一種。

種子の含油率は35〜57%。

ヒドロキシル基をもつ炭素数18の不飽和脂肪酸であるリシノール酸が主成分で、85〜90%を占める。

融点(凝固点)−10〜−17℃、比重0.950〜0.975、一般の油脂より粘度、比重が高く、アルコール氷酢酸とよく混合するが、石油エーテルには溶けにくい。

現代では石鹸、潤滑油、作動油、塗料、インキ、ワックス、耐低温樹脂、ナイロン、医薬品香水ポマードなどの原料として用いられる。

また、伝統的に下剤として用いられ、日本薬局方にも収載されている。