ぴーかん

一般

ぴーかん

ぴーかん

ぴーかん(ピーカン)とは、雲ひとつ無い快晴のことをさす。

もともとは映画業界が撮影時に使っていた言葉である。

語源は、快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていたという説、快晴の日はカメラのピント合わせが多少曖昧でも完全に合うことから『ピントが完全』を略したとする説、単純に太陽の光が「ピーンと届いてカンカン照り」を略したという説などがあるが、正確なことはわかっていない。