スマートフォン用の表示で見る

ふたりっ子

テレビ

ふたりっ子

ふたりっこ

1996年10月7日1997年4月5日の間放送された、 NHKの朝の連続テレビ小説第55作目。

スタッフ

主題歌

NOKKO『ナチュラル』

内容と特徴(2013年8月に追記)

  • 1966年7月4日に野田家に双子の少女が生まれる。姉の香子(菊池麻衣子)と妹の麗子(岩崎ひろみ)の2人。
  • 幼いときからお嬢さま志向の姉と男勝りで将棋が大好きな妹。その2人は、やがて姉は家業の豆腐屋をサービス業へと成功し、その企業家に。そして、妹は将棋棋士として成長するまでを描く。
  • 双子がひとりっ子ではなくふたりでありながら切磋琢磨していく姿を描いた作品。
  • 大石静を全国区に知らしめた作品で子役で演じた三倉茉奈・佳奈が人気が上がり、再び姉の子供役で再登場させるなど話題の多いドラマでもあった。
  • また、この作品は21世紀まで描いており、2000年代まで描いてる。
  • 2000年以降、朝ドラでその時代の作品はあるが、未来まで描いたのは後にも先にもこの作品である。

後日談(2013年8月に追記)