スマートフォン用の表示で見る

へバーデン結節

サイエンス

へバーデン結節

へばーでんけっせつ

【 Heberden Node】変形性関節が指の先端の関節におこると、先端の関節が太くなり、結節状になり、これをヘバーデン結節またはヘーベルデン結節という。指をよく使う職業の人に多いことから、関節の使いすぎによる変形(外傷性)、あるいは遺伝による変形(非外傷性)などが原因と考えられている。