スマートフォン用の表示で見る

ほくほくフィナンシャルグループ

一般

ほくほくフィナンシャルグループ

ほくほくふぃなんしゃるぐるーぷ

英文表記:Hokuhoku Financial Group, Inc.

日本の金融持株会社

株式会社ほくほくフィナンシャルグループは、富山県富山市に本社を置き、北陸銀行金融持株会社であった ほくぎんフィナンシャルグループ北海道銀行 を傘下に加えて、2004年9月1日に発足した銀行持株会社略称は「ほくほくFG」。

2003年9月26日設立

東証1部、札幌上場証券コード:8377)。

沿革

2003年5月、北陸銀行北海道銀行経営統合を基本合意。

2003年9月、株式移転により銀行持株会社(商号:株式会社ほくぎんフィナンシャルグループ)を設立し、北陸銀行を完全子会社化。東京証券取引所(第1部)、大阪証券取引所(第1部)に上場北陸銀行東京証券取引所大阪証券取引所上場を廃止。

2004年2月、日本海債権回収株式会社を設立

2004年8月、ほくぎんフィナンシャルグループ大阪証券取引所上場を廃止、北海道銀行東京証券取引所札幌証券取引所上場を廃止。

2004年9月、株式交換により北海道銀行を完全子会社化。ほくぎんフィナンシャルグループの商号を株式会社ほくほくフィナンシャルグループ(以下「ほくほくFG」)に変更。札幌証券取引所上場

2004年12月、株式会社北銀コーポレートを設立

2005年3月、ほくほくFGが第1回劣後債200億円を発行。

2005年9月、ほくほくFGが第2回劣後債200億円を発行。北陸銀行公的資金(劣後ローン)100億円を返済。

2006年3月、北陸銀行公的資金(同)100億円を返済。

2006年10月・11月、ほくほくFGが415億円の公募増資を実施。

2007年8月、ほくほくFG公的資金(優先株式)350億円を返済。

2008年6月、ほくほくFG公的資金(同)250億円を返済。

2008年8月、北銀キャピタル株式会社がほくほくキャピタル株式会社へ商号変更。

2009年3月、北銀資産管理株式会社を清算。北銀オフィス・サービス株式会社を清算。

2009年7月、ほくほくFG公的資金(優先株式)400億円を返済。

2009年8月、ほくほくFG公的資金(同)199億円を返済し完済。

2009年9月、株式会社北銀コーポレートを清算。

2010年3月、日本海債権回収株式会社がほくほく債権回収株式会社に商号変更。北陸銀行が北銀不動産サービス株式会社を吸収合併

2011年1月、ほくほくFGが第3回劣後債100億円を発行。

2011年5月、北陸銀行北海道銀行横浜銀行の3行共同利用オンラインシステム(MEJAR)へ移行。

2011年12月、ほくほくFGが第4回劣後債80億円を発行。

2012年10月、株式会社道銀地域総合研究所(北海道銀行子会社)が営業開始。

2013年7月、Hokuriku International Cayman Limitedを清算。

2013年10月、ほくほくFGが第5回劣後債250億円を発行。


リスト::金融持株会社