スマートフォン用の表示で見る

まつざきしげるいろ

アート

まつざきしげるいろ

まつざきしげるいろ

(株)サクラクレパスのマット水彩の絵の具の一つ。

市販されて……はいないが、お台場で買えるとの情報がある。

http://www.craypas.com/topics/detail/matsuzaki.php

経緯

ことの経緯は2005年5月18日放送のフジテレビ系「トリビアの泉」の「トリビアの種」コーナー。

つまりこういうことである。


松崎しげるの肌の色を絵の具で作る場合の割合は○色○%と○色○%」


用いたのは「日本で最も多く使われている絵具」といわれる(株)サクラクレパスのマット水彩・12色絵の具。(参考:http://www.craypas.com/seihin/byogazai/emw-p/)

分光放射輝度計を使い、松崎しげる本人の肌に塗って比較し、6時間の試行錯誤の上、ついに完成したその混合比は、黄色(#3):25%・朱色(#18):45%・緑(#29):14%・白(#50):16%。

完成後、今回の企画に全面協力してくれたサクラクレパスが、実際に「まつざきしげるいろ(#55)」を茶色の代わりに入れたマット水彩・12色絵の具を提供。その「まつざきしげるいろ入りマット水彩12色絵の具」10セットは視聴者に抽選でプレゼントされた。

ちなみに、品評会会長タモリ氏の評価は「満開」であった。


さらに後日、フジテレビトリビアコーナーで「まつざきしげるいろ入り12色絵の具」販売しだしたとの情報がある。

なお、HTMLCSSRGB表記でいえば「#A55A4A」あたりだ、との噂がある。