スマートフォン用の表示で見る

まりちゃんズ

音楽

まりちゃんズ

まりちゃんず

1970年代中期に活躍したコミック・フォーク・グループ。

メンバーは藤岡孝章尾崎純也藤巻直哉の3人。


1974年6月、シングル「ブスにもブスの生き方がある」でエレックレコードよりデビュー。

歯に衣着せぬ過激な歌詞が話題を呼ぶものの、所属のエレックレコード倒産に伴い活動を休止。

活動休止から20年近く経った1994年、ラジオ番組「赤坂泰彦のミリオンナイツ」で「尾崎家の祖母*1」が

オンエアされたのがきっかけで突如再ブレイク。

翌年1995年に新作をリリース、テレビアニメナースエンジェルりりかSOS」のエンディングテーマも担当する*2

現在は藤岡孝章藤巻直哉の2名が「藤岡藤巻」というユニット名で活動を続けている。


なお、メンバーの藤岡孝章はまりちゃんズの活動休止後、山梨鐐平らと「Do!」というグループで活動、

その後CBSソニー(現在のソニー・ミュージックレコーズ)のディレクターに転身。シブがき隊などの作品を手がけた。

また、藤巻直哉博報堂の社員として「猫の恩返し」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの映画制作にも携わっている。

*1:おざきんちのばばあ、と読む。

*2:さすがにメンバーの声を少女向けアニメに乗せるわけにも行かず、ヴォーカルは主演だった麻生かほ里をフィーチャーしている。