スマートフォン用の表示で見る

まんばのけんちゃん

まんばのけんちゃん

まんばのけんちゃん

まんばのけんちゃんは、香川県郷土料理。特に香川県東部でこのように呼ばれ、香川県西部では「ひゃっかの雪花」と呼ばれている。

「まんば」とは、タカナ類の一種。有色野菜の少ない冬に大きな暗紫色の葉を伸ばし、葉を外側から取っていっても次々芽をふくことから万葉、千葉、百貫ともいわれる。また、香川県西部では、「ひゃっか」と呼び、百貫がなまったといわれている。

一方、「けんちゃん」とは、細切り野菜の油炒めに豆腐を入れて炒めたしっぽく料理の「けんちん」がなまったものとされている。

「まんばのけんちゃん」は、茹でたのち、水につけてあくぬきをして絞った、まんばの葉と、豆腐、油あげ、炒り子などを混ぜて油で炒ったものに、だし汁、調味料を加えて煮て味をととのえたもの。