みずほ

キーワードの候補

2件

地理

みずほ

みずほ

新幹線列車の名称としての「みずほ」

新大阪鹿児島中央間を走る山陽新幹線九州新幹線の直通列車の愛称。2011年運行開始。

同一区間を走る「さくら」に対し、速達列車に使用される愛称。定期列車は朝夕に運行される(他に臨時あり)。

山陽新幹線区間の指定席料金は「さくら」が「ひかり」「こだま」の料金なのに対し「みずほ」は「のぞみ」の料金となっている。

N700系S編成(JR西日本・7000番台)・R編成(JR九州・8000番台)が使用される。

停車駅:新大阪新神戸岡山広島小倉博多熊本鹿児島中央

走行区間:新大阪鹿児島中央(JR西日本JR九州)


寝台列車の名称としての「みずほ」

90年代前半まで東京熊本長崎を結んだ寝台列車の名前。

寝台特急衰退により廃止されたが、「さくら」・「はやぶさ」などに比べ停車駅が少なかったのが特徴であった。

さくら」と違い、熊本行きが「主」、長崎行きが「従」とされ、個室寝台などは熊本発着の編成に連結された。

どちらの編成も走行区間が「さくら」・「はやぶさ」と重なることが、早期の廃止に拍車をかけた。

走行区間:東京熊本長崎(JR東日本JR東海JR西日本JR九州)

一般

みずほ

みずほ