スマートフォン用の表示で見る

みずほ証券

一般

みずほ証券

みずほしょうけん

沿革

1993年7月
興銀証券として設立
1994年10月
第一勧業証券 設立と富士証券 設立
2000年4月
新日本証券と和光証券の合併により、新光証券が発足
2000年10月
興銀証券・第一勧業証券・富士証券が合併し、みずほ証券が発足
2004年3月
みずほ証券が農中証券の営業の全部を譲受ける
2005年12月8日
みずほ証券にて、株式に係る売買取引の委託における誤発注*1により、407億円の損失が発生。
2007年3月
新光証券・みずほ証券両社が合併契約を締結
2009年5月
新光証券とみずほ証券が合併し、みずほ証券が発足
2013年1月4日
みずほインベスターズ証券(旧:勧角証券)と合併した。

また、マネックス証券(旧・マネックス・ビーンズ証券)と業務提携を結んでいる。

*1ジェイコム株の誤発注問題