みみず

動植物

みみず

みみず

みみず 0 【〈蚯蚓〉】

(1)貧毛綱の環形動物の総称。体は細長い円筒形で、多数の環節から成る。目はないが光を感じる細胞がある。土を食べ、その中の有機物を栄養とする。多くは陸生か淡水生。全世界で約二七〇〇種が知られ、体長2〜5ミリメートルから3メートルに及ぶものまである。赤竜(せきりよう)。めめず。[季]夏。《みちのくの―短かし山坂勝ち/中村草田男》

(2)「みみず書き」に同じ。

「能い筆で―を書いてしかられる/柳多留 10」

――鳴く

秋の夜あるいは雨の日、地中から「ジジーッ」と聞こえるのをミミズが鳴いているとしたもの。[季]秋。《―六波羅蜜寺しんのやみ/川端茅舎》

――ののたくったよう

下手な筆跡の形容。