スマートフォン用の表示で見る

みやじま丸

一般

みやじま丸

みやじままる

みやじま丸は、JR西日本宮島フェリー宮島航路に就航している船舶。

2006年1月27日に竣工し、5月23日に就航した宮島航路の新造船。

日本で最初の小型電気推進旅客フェリーであり、船の形状は「両頭双胴船」である。

鉄道建設・運輸施設整備支援機構が研究を行ってきた「スーパーエコシップ」 (SES) の第1船として建造された。

日本船舶海洋工学会のシップ・オブ・ザ・イヤー2006において、小型客船部門賞を受賞している。

なお、現在就航している「みやじま丸」は4代目になる。

諸元

船種フェリー
総トン数254t
全長35.0m
全幅12.0m
機関ディーゼル・エレクトリック方式
ディーゼル発電機320kVA×3基
電動ポッド推進器
(可変電圧可変周波数制御)
連続最大出力800kW(400kWx2基)
航海速力8kt
乗客定員803名(車両未搭載時)
503名(車両搭載時)
車両最大搭載台数自動車7台