め組

一般

め組

めぐみ

江戸町火消し

「め組」が有名になったのは、江戸時代の文化2年(1805年)に起きた「め組の喧嘩」。

当時、境内で行われていた相撲の取り組みに出場していた力士と、地元の火消し「め組」の消防士たちが、

ささいなことから大喧嘩になったこの事件は、江戸っ子の間で語り継がれ、

後の歌舞伎「神明恵和合取組(かみめぐみわごうのとりくみ)」となりました。

この歌舞伎が評判を呼んだので有名になった。実際、江戸で一番人気があったのは「よ組」。

港区芝大門にある“芝神明のだらだら祭り”で名高い「芝大神宮」には、「め組」の半鐘が祀られています。

江戸時代の芝大神宮の境内には相撲・芝居小屋などがあり、庶民の憩いの場として親しまれました。

人足数は239名。

受持区域/桜田久保町・兼房町・二葉町・源助町・露月町・神明町増上寺中門前辺・浜松町・芝口辺・烏森町・南佐久間町 。