スマートフォン用の表示で見る

もののけ

読書

もののけ

もののけ

人にたたりをするといわれる、死霊・生き霊。変化(へんげ)。妖怪

*「もの」=鬼。怨霊

*漢字では、「物の怪」や「物の気」と書く。


人間の体に取り付いて、病気や不幸をもたらす厄介なもの。

平安時代の中頃になってくると、度々登場するようになり、場合によっては死に至ることもある。


物の怪の正体には、”生き霊”*1や”死霊”などがある。

多くは、”怨恨によって出現する怨霊”が物の怪となり、取り付かれて祟られると、災厄が起こると考えられた。


治療(退治)には、僧侶の加持祈祷によって、物の怪を当人から分離させて移らせるための「寄りまし」が不可欠となる。

物の怪を移す対象(よりまし)には、主に、当人(病人)に仕えている身分の低い子女などが選ばれ、

”よりまし”の口を通して、物の怪の言葉を聞くことが出来る。


『枕草子』〜22段 すさまじきもの(一部)

験者の物の怪調ずとて いみじうしたり顔に 独鈷や数珠など持たせ 

蝉の声しぼり出だして誦みゐたれど いささか切りげもなく

護法もつかねば 集り居 念じたるに 男も女もあやしと思ふに 

時のかはるまで誦み困じて さらにつかず 立ちねとて 数珠取り返して 

あな いと験なしやと うち言ひて 

額より上ざまにさぐり上げ あくびおのれよりうちして 寄り臥しぬる (*太字は験者の発言)


『枕草子』 〜180段 病は(一部)

胸 もののけ 足のけ 

はては ただそこはかとなくて物食はれぬ心ち

*1:*生き霊(いきすだま)は、特に女性に多く見られる。*ただし、本人には自覚がないことが多い。