スマートフォン用の表示で見る

やかん・ダイ・学

ウェブ

やかん・ダイ・学

やかんだいがく

第10回〜第16回の情報が見つかりません。

情報提供を求めています。

やかん・ダイ・学とは、ニコニコ生放送にて放送していた生放送番組である。


概要

日本のロックバンド、DIR EN GREYのギターであるDieと、なべやかんの月2トーク番組*1

基本的に放送時間、放送開始時刻は統一されている*2 *3が、放送曜日は毎回ではないが異なっている。

トーク中、話題と関連のある商品*4を不定期にニコニコ市場に登場する。

2013年9月29日にニコニコ生放送で放送された公式番組『DIR EN GREY CHANNEL「TOUR12-13 IN SITU-TABULA RASA」RELEASE SPECIAL』にて初CMが放送された。

同年11月29日の#31の放送にて、2013年12月24日の放送を以て『一旦休学(番組休止)』を発表した。


タイトルコール

この番組のタイトルコールは、

なべやかんが「ニコニコ生放送ー、やかん」に続きDieが「ダイ」、最後に二人で「学!」と言いながらハイタッチをする。

その後に番組スタッフが拍手をする中で二人のプロフィールと画像(通称:アー写)のパネルを映す流れになっている*5

番組サムネイル

番組サムネイルは不定期に変わることがある。

DIR EN GREYのオフィシャルサイト内にあるバンド画像*6が変わるのと合わせて番組サムネイルが変わる。

出演者

メイン

ゲスト出演*7

  • Shinya(DIR EN GREY)…#9、#11*8、#16、#24*9、#32(予定)
  • 京(DIR EN GREY、sukekiyo)…#20*10
  • 一聖(BugLug)…#28*11

CM

この番組には『CM枠』が存在する。

だが実際には広告が流れる訳ではなく、夜景を背景にスポンサー募集の画像やメッセージ募集の画像が30秒から1分にかけて表示される。

トークテーマの際は、アンケート形式でCM枠に表示されるようになる*12

静止画しか流れないこの枠のことを視聴者は愛称を込めて「放送事故」と呼ばれている*13

#33では番組の大幅な変化によりCM枠は一時変更した。

新たなCM枠には、番組のロゴとTwitterアカウントのみが映され、バックには音楽が流れずトークの音声のみが流れる*14

#31にはサウンドはないが従来の静止画が使用された。

#32から復帰。

BGM

『CM』枠にはBGMが流れており、BGMは変わることがある。

#1〜不明DIR EN GREYの曲がオルゴールの音で流れる。
不明〜#24、#32〜#33DIR EN GREYの曲である「予感」のアコースティック。#33ではプレミアム会員限定のコーナーへのつなぎ画像にも使用された。
#25、#331周年記念としてDieが作曲した曲。途中で流れるボイスはDieの声を自分で編集したボイス。
#26〜#29Dieが作曲した曲。今回も途中でボイスが流れるが『DバンドのDさん』がゲストボーカルで参加した。
#30〜#31CM枠が無くなったため、音楽は流れない。


スペシャル

【90分拡大スペシャル】

  • #11 2013年1月29日放送。

ライブハウスでの公開生放送。

1周年記念 90分拡大スペシャル

北米スペシャル

  • #31 2013年11月29日放送。

北米ツアー中の出来事でトークをしており、一部コーナーは行わなかった。

#33にて『北米スペシャル』であることが明かされた。

<公開生放送>

  • #32 2013年12月10日放送。

ライブハウスでの公開生放送。

年末大忘年会SP

  • 2013年12月24日放送。

番組初の公式生放送。

#28、#31、#32の再放送と#33の放送(生中継)のプログラムで構成しており、#33ではプレミアム会員限定のコーナー(以下「限定コーナー」)が登場。

#33終了後の限定コーナーのつなぎでは、高画質モードと低画質モードの静止画の表示が逆になっており((本来は高画質モードは番組ロゴ、低画質モードは放送開始前や準備中に使われた2人の静止画の画像が流れる予定だった。尚、放送中止後はタイムシフト視聴を除き戻された。)、低画質モードのみ限定コーナーが流れてしまうハプニングが起きる。

一旦放送を中止し5分程度で設定が直されて、逆になっていた静止画を元通りに戻した。タイムシフト視聴では休止後の静止画が変更されていない。


歴史

※『オフィシャルサイト』はDIR EN GREYの公式サイトを指す。|

2012年

名前日付詳細
DIR EN GREY復活記念!! 24時間特番『DIR EN GREY 24HOURS』8月12日*15終盤では、同年12月19日に発売されたシングル『輪郭』、同年に行われたツアー『TOUR2012 IN SITU』の告知と共に「夜間・ダイ・学」の表記で発表される。
オフィシャルサイト同日オフィシャルサイトにて『やかん・ダイ・学』として放送予定を記載。
#18月28日初回放送日。当時は番組コーナーは少なく、お互いまだ慣れていない為終始非常に暗い雰囲気での放送だった。
#29月11日番組のコーナーが増えると共に、前回とは対照的に明るい放送。
#39月25日この日から『人時ニュース こんなことありました』のコーナーでDieが気になるニュースに関連する絵を披露するようになる。
#410月12日なし
#510月26日番組サムネイル画像が変わる。
#611月9日番組サムネイル画像が変わる。
#711月30日なし
#812月14日なし
#912月26日ゲストにShinyaを迎えての放送。

2013年

#101月15日
#11【90分拡大スペシャル】1月29日
#122月12日
#133月1日
#143月12日
#153月26日
#164月9日
#174月23日
#185月7日
#195月28日
#206月4日
#216月25日
#227月9日
#237月23日
公式ニコニコチャンネル*167月24日正午から次回(第24回)に行われる公開生放送の観客応募の受け付けを開始する。
1周年記念 90分拡大スペシャル8月6日公開生放送。ナンバリングタイトルではないが第24回として扱われている。
#258月20日番組サムネイル画像が変わる。番組中、なべやかんの誕生日を記念するケーキが登場。CMのサウンドが変更される。
#269月3日CMのサウンドが変更される。「普通すぎるお便り」コーナーの前に同月25日に発売されたDIR EN GREYのドキュメンタリービデオ『TOUR12-13 IN SITU-TABULA RASA』のスライドムービーを公開。
#279月20日「普通すぎるお便り」コーナーの前にDIR EN GREYのドキュメンタリービデオ『TOUR12-13 IN SITU-TABULA RASA』の映像を公開するコーナーを放送*17。この後の「普通すぎるお便り」のコーナーはCMを挟まず続けて最後のコーナーの「究極の●●」を放送した。
同日番組公式Twitterを開設。
DIR EN GREY CHANNEL「TOUR12-13 IN SITU-TABULA RASA」RELEASE SPECIAL9月29日〜9月30日*18番組上初のコマーシャルを放送。
#2810月1日新企画が登場し、内容はあらかじめDieが私生活のなかで気になったものを写真で撮り、関連するトークをする。コーナー名は決まっていないため視聴者に募集している。「【普通すぎるお便り】」コーナー前半*19、ゲストに一聖(BugLug)を迎える。
#2910月15日番組冒頭、台風26号で遅れている*20なべやかんの代わりにDie1人で進行をしようとする途中、骨の折れた傘を持ってなべやかんが現れるコントをする。
#3010月29日番組が大幅に変化する。カメラワークがより出演者を中心に映すようになり、照明が変わり明るくなった。CM枠も変化し、コーナー名の画像などの表示もより高画質になった。だが、音質が悪く若干音が割れていたり、照明の影響か部屋の窓の反射でスタッフの動く姿が映ってしまっている。#29にての新コーナーの名称が決定する。『【時事ニュース】こんな事ありました!』コーナーのホワイトボードではハロウィン仕様としてボードの余った箇所にハロウィンの人形やベルをつけている。尚、この日はコナミ日本シリーズ2013の中継があり番組の進行にも多少の影響があった。
#3111月29日番組公式Twitterにて、Dieが『2つの大事なお知らせ』を予告し、番組終盤にて発表する。内容は「#32では公開生放送を行うこと」と「#33の放送で一旦、休学をすること(放送休止)」。番組史上珍しく2つのコーナーのみの放送*21
#32<公開生放送>12月10日ライブハウスでの公開生放送。90分放送。番組終盤では、10日後がDieの誕生日のためサプライズケーキが登場。CM枠が復活する。
#33(放送前)12月18日#33が公式生放送に変更。
Die(DIR EN GREY)&なべやかん生出演!!「やかん・ダイ・学#33」年末大忘年会SP12月24日



*1:まれに月3の場合もある。

*2:放送時間についてはチャンネル番組で放送しているため1時間放送。例外で#9では拡大スペシャル、#25では公開生放送のため、30分延長し90分で放送された。

*3:放送開始時刻については基本21時からの放送になるが、#25では公開生放送のため20時から放送開始した。#33では公式生放送で放送。

*4:CDやギターなどの音楽関係に限らず、マンガ本なども登場する。18禁の商品も出た回もあった。

*5:#30ではアー写が表示されなかった。

*6:もしくはDIR EN GREYの公式ニコニコチャンネルのトップ画像

*7:登場順に記載。

*8:ニコニコ生電話での出演。「DIR EN GREYのドラムの人が好きなシンヤさん」として出演。終盤では運営のからのメッセージにて「Shinyaさん、ありがとうございました!」と正体をバラした。

*9:#23での提案が採用され、番組の前説を行う。

*10:番組後半での出演。出演直前にてTwitterで不安をほのめかすつぶやきを投稿後に出演。

*11:「【普通すぎるお便り】」コーナー前の枠のみ出演。

*12:番組公式Twitterでのテーマトークの投票をした回を除く。

*13:実際に1度だけCM枠にて画像が消えて画面が真っ暗になる放送事故があった。

*14:音声はもともと消す予定だったが#30、#31の両方とも音声は消えていなかった。

*15:発表された日を記載しています。

*16:オフィシャルサイト含む。

*17:放送された内容はトレーラー映像と『凌辱の雨』のライブ映像。

*18:番組終了の前にも放送されたため。特別番組の終了時間は9月30日の午前1時だった。

*19:コーナー名を読んだのみで実際はトークだけで終わった。

*20:番組公式Twitterにて。

*21:DIR EN GREYのツアー、『TOUR2013 GHOUL』の海外ツアーについてのエピソードなどをメインとしていた為。

目次