スマートフォン用の表示で見る

やなせたかし

アート

やなせたかし

やなせたかし

やなせたかし(本名:柳瀬嵩)は日本の男性漫画家絵本作家

1919年2月6日、高知県香美郡在所村(現:香美市)生まれ。

東京高等工芸学校(現:千葉大学工学部)図案科を卒業後、グラフィックデザイナーとして、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)、三越百貨店(現:三越伊勢丹)などに勤務。

1953年、独立し、漫画家デビュー。童話や絵本などの製作、キャラクターデザイン、作詞など数々の創作活動を行う。

1961年、作詞した「手のひらを太陽に」(いずみたく作曲)は大ヒットした。

1973年、出版した絵本「あんぱんまん」(当時は平仮名表記)は、困った人に自分の顔をちぎって与えるヒーローが高い支持を得て、大ヒット。

1988年、「それいけ!アンパンマン」としてテレビアニメ化されると、その人気は国民的なものになり、アニメ映画作品も繰り返し作られた。

2000年、高知県内の人権啓発活動のイメージキャラクターとして「人KENまもる君」のデザインを手がけ、2001年には法務省が行う人権啓発活動のイメージキャラクターになった。

2002年、法務省の人権啓発活動のイメージキャラクターとして「人KENあゆみちゃん」のデザインを手がけた。

2013年10月13日、心不全のため東京都内の病院で死去*1

その他


やなせたかし 明日をひらく言葉 (PHP文庫)

やなせたかし 明日をひらく言葉 (PHP文庫)

絶望の隣は希望です!

絶望の隣は希望です!