スマートフォン用の表示で見る

やよい軒

やよい軒

やよいけん

定食や丼物を中心に提供している外食チェーン。「ほっかほっか亭」を九州地区や関東地区で展開している株式会社プレナスフランチャイズ展開している。名称の由来はプレナス創業者の塩井末幸の祖父である塩井民次郎が、東京の日本橋茅場町に1886年に開店して明治時代後期まで営業していた西洋料理店「彌生軒」から取っている。定食や朝食メニューはご飯のおかわりが無料である。

1989年に「めしや丼」として福岡市博多区に南バイパス店を開店。以後、九州地区を中心に関東や関西でも展開していった。2004年に「やよい軒」1号店を東京都新宿区四谷に開店。2006年からは「めしや丼」の名称の店舗を「やよい軒」に順次名称変更を行っている。