槍投げ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

やり投

やりなげ

陸上競技の投擲競技の種目の一つ。英語ではJavelin throw。

助走して半径8メートルの円弧の踏み切り線の手前から、前方にやりを投げてその到達点までの距離を競う。有効着地位置の約29度の角度をなす扇形の内側に落下したものが記録となる。記録が同じだった場合には、2番目以降の記録で順位が決まる。試技回数や試技順は走幅跳や他の投擲種目と共通で、全ての選手に3回の試技機会が与えられ、3回目までの試技で上位8位までに入った選手にはさらに3回の試技が許される。4回目以降は試技順が変更になる。

やりの重さは男子用が800g、女子用が600gで、他に長さや重心など細かな規定がある。

日本のレベルは、他の投擲種目と比べると世界との差は少ない。2009年世界陸上競技選手権大会では村上幸史銅メダルを獲得、オリンピック世界選手権を通じてこの種目で初のメダリストとなった。


やり投は投擲競技の中で最も技術の必要な種目であり、最もケガをしやすい競技でもある。

因みに中学生用の種目としてジャベリックスローがある。