スマートフォン用の表示で見る

ゆとりーとライン

地理

ゆとりーとライン

ゆとりーとらいん

名古屋ガイドウェイバス株式会社が運行するガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線」の愛称。

大曽根小幡緑地中志段味高蔵寺を結び、大曽根小幡緑地間がガイドウェイバス(案内軌条式軌道)区間となっている。

車内放送も「このバスは〜」ではなく、「この車は〜」と、少し違った言い方をする。

車両は、三菱ふそう日野自動車製を使用している。

高架区間の駅にて、反対側ホームへ行く場合、一度下へ降りて、近くの交差点から道路を横断し、もう一度上へ上らなければならない駅もあり、大変面倒である。

また、高架区間では「ユリカ」での「乗継割引」が適応外である。

2009年9月30日までは名古屋市交通局名鉄バスJR東海バスの三社が乗り入れていた。

2009年10月1日より、名鉄バスJR東海バスは、運行から撤退し、名古屋市交通局の単独運行となった。

瀬戸みずの坂線の路線は廃止された。

「ゆとりーとカード*1」以外に「ユリカ」(バス・地下鉄共通、バス昼間割引専用)「名鉄昼間割引バスカード」も全線で利用できる。名鉄バスの撤退により「名鉄普通バスカード」の利用はできなくなった。

*1:「ゆとりーとカード」は、ゆとりーとライン専用のカード