よこすか海軍カレー

よこすか海軍カレー

よこすかかいぐんかれー
  1. 日本のカレーライスのルーツであるとされる。明治41年の海軍割烹参考書明治41年)のレシピに基づき調理カレーを指す、

 「カレーの街よこすか推進委員会事業者部会」に加盟しないと「よこすか海軍カレー」の名称を使用することはできない。

日露戦争当時、調理が手軽でバランスのよい食事として採用。

海軍は、イギリス海軍の軍用食であったビーフシチューとパンを日本で取り入れる際に、パンはなじみが薄いため、小麦粉でとろみをつけて御飯とあわせ、どんぶり風にしたのが始まりと伝えられている。

2008年で採用から100周年となった。