よそ者

一般

よそ者

よそもの

日常的な意味

その土地・コミュニティーとは関係の無い人々。

また、そのコミュニティー内の利害に関わる「住民」ではなく、コミュニティーの外からやってきた人間。

"住民"以外の者。古くからのコミュニティーの人が新住民に対して使うこともある。

"よそ者"論

環境運動において、「地元住民」ではなく「外からやってきた者」。

地元住民が「よそ者」との交流を通じて「よそ者」の視点を獲得を獲得することで、より環境正義的な合意形成が可能となるらしい。

よそ者合意形成に加わることで「都市部での普遍的視点」と「その土地の"文化"や生活とある程度関わった自然環境保全の視点」の融合が行われるとしている。