わんこそば

わんこそば

わんこそば

岩手名物。

小分けにしたそばを、小振りの椀に盛って食べることから。

わんこそばの店舗の多くでは「わんこそば12杯=かけそば1杯」と説明していることが多いようだ。

元来は、客にそばをたくさん食べてもらおうとするもてなし料理。

近年、観光客向けにショー化され、

1杯食べおわるとすぐに次のそばを投げ入れる形式を「わんこそば」と呼ぶようになった。

毎年、何杯食べたかをきそう大食い競争大会が開かれ、マスコミでも話題になる