スマートフォン用の表示で見る

アークトゥルス

サイエンス

アークトゥルス

あーくとぅるす

Arcturus(α Boötis, α Boo

うしかい座にある恒星の名。うしかい座α星。全天で4番目に明るい恒星である。実視等級-0.04等。スペクトル型K1.5III。表面温度4000K。赤色巨星。オレンジ色に輝く。

恒星の固有運動?が大きい星として知られ、1年間で2.3秒角(太陽に対して秒速140km)の速さでおとめ座の方向へ移動している。従って、5万年後にはスピカの位置まで動くことになる。これは、太陽系からの距離が37光年と非常に近いことによる。

春の夜空を代表する星として知られており、5月頃の東の空にひときわ明るい星があれば、おそらくこの星である。また、おとめ座スピカと、しし座のデネボラ?とともに、春の大三角を形作る。

北斗七星の柄の部分の3つの星を結んで延長すると、アークトゥルスを通り、スピカへ至る。これを「春の大曲線」と呼ぶ。

名前の由来

ギリシア語で「熊の番人」の意。実際、おおぐま座を追いかけているように見えなくもない。

アークトゥルスの別名

春の空で最も明るいアークトゥルスには、多くの別名がつけられている。

ギリシア神話

妖精カリストと、ゼウスの間に生まれた子カルカスだなどと言われているが、はっきりしたことは定かではない。


関連語:アルクトゥールスリスト::天文学