シュティフター からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

アーダルベルト・シュティフター

あーだるべるとしゅてぃふたー

Adalbert Stifter (1805-1868) オーストリアの作家。風景画を展覧会などに出展していただけあり、空間の広がりだけでなく、時間的な奥行きもある、自然・地誌描写の比類ない美しさで知られる。

ニーチェに「繰り返して読むに値する、ドイツ文学の宝である」との評を受けており、リルケトーマス・マンからも称賛をうけた。日本でも多くの作品が翻訳され、古井由吉も愛読している。

作品

短篇集『習作集』

短篇集『石さまざま』

長編『晩夏』

長編『ヴィティコー』

随想集『古都ウィーンより』