スマートフォン用の表示で見る

アーヘン大聖堂

地理

アーヘン大聖堂

あーへんだいせいどう

独語:Aachener Dom、アーヘナー・ドーム、英語:Aachen Cathedral、仏語:Cathédrale d'Aix-la-Chapelle)

ドイツ西部ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン県?アーヘンにある大聖堂。しばしば「皇帝の大聖堂」(ドイツ語:Kaiserdom)として言及され、北部ヨーロッパでは最古のものである。786年にカール大帝アーヘンの宮殿教会の建設を始めた。814年にカール大帝が死ぬと彼は自身の大聖堂に埋葬され、彼の骨はいまも特別の神殿に保存されている。