スマートフォン用の表示で見る

アーリマン

キーワードの候補

2件

ゲーム

アーリマン

あーりまん

ゲーム「ファイナルファンタジー3」に登場するモンスターで、闇のクリスタルを守るボスのうちの1体。

一つ目の顔がついた果物のような体に翼と足が生えたモンスター。

ファイナルファンタジー4」など一部作品ではザコ敵として登場するほか、作品によっては「プレイグ」という上級種が登場する。

FF3におけるアーリマン

FCでは魔法のみ使用し、DSでは2回連続行動となったため通常攻撃も行う。

FF4におけるアーリマン

月の地下渓谷でザコ敵として登場。味方単体に「死の宣告」を使ってくる。

FF4TAにおけるアーリマン

真月深層部でクリスタルから再生。FF4のプレイグの強化版といった感じで、最初に味方全体に「死の宣告」を使った後、味方に「ヘイスト」をかけるという戦法をとり、直接攻撃はしてこない。

FF1におけるアーリマン

GBAPSPに登場する「大地の恵みの祠」でボスとして登場。

関連:ケルベロス2ヘッドドラゴンエキドナ

読書

アーリマン

あーりまん

Ahriman(波)

ゾロアスター教(拝火教)の悪神。アフリマン、アンラ・マンユ(アングラ・マイニュ)などとも。

善神アフラ・マズダ(オルムズド)の対立者。ゾロアスター教の基本構造は大きく善悪二元論であり、アーリマンアフラ・マズダの対立と闘争が神話の根幹である。

ゾロアスター教の終末神話においてはアフラマズダとの最終決戦が想定されており、ここで敗れたアーリマンは力を失い、人類にも審判の時が訪れた後、至福の時代が到来するとされる。