アーロン・シュワルツ

(英語: Aaron Swartz、1986年10月8日 - 2013年1月11日)

アメリカ合衆国プログラマー、ライター、政治活動団体設立者、インターネット活動家

14歳の時、ウェブサイトの情報を配信する ための規格「RSS」の作成に参加し、「RSS 1.0」を共同編集した。その後スタンフォード 大学に入学したものの、「知的な雰囲気ではない」と失望し て1年後に中退した。ソーシャルニュースサイト「Redd it(レディット)」の開設に協力し、ネット監視に抗議する政治活動団体Demand ProgressとProgressive Change Campaign Committeeの共同設立した。

2011年7月19日に米国非営利団体JSTOR(英語版)から大量の学術雑誌をダウンロードした疑いで逮捕された際には、米国の主流メディアでも注目された。2013年1月11日、ニューヨークの自宅マンションにて首を吊り、自殺した。彼はマサチューセッツ工科大学などからも大量のデータを盗み出したとして逮捕・起訴されており、そのことを苦に自殺したものと見られている。26歳没。