スマートフォン用の表示で見る

アイユーブ朝

読書

アイユーブ朝

あいゆーぶちょう

Ayyub (1169〜1250年)

十字軍国家を倒してエルサレムを奪還した英雄、サラディン(サラーフ・ウッディーン・イブン・アイユーブ)がエジプトに建てた王朝カイロに都して、シリアメソポタミアにも勢力を誇った。

サラディンの死後、次第に衰退。1250年にマムルーク軍事奴隷)たちによって政権を奪われた。