アウターライズ地震

サイエンス

アウターライズ地震

あうたーらいずじしん

海溝外縁隆起帯(海溝軸の海寄りにかけて存在する海洋プレートが地形的に隆起した領域:アウターライズ)で生じる地震のこと。

海洋プレートが陸側プレートに沈み込みを開始するアウターライズ付近ではプレートが下向きに曲げられるため、プレートの浅い部分では伸張応力が、深い部分では圧縮応力が作用する。このため、アウターライズ地震メカニズム震源が浅い場合には正断層型の、深い場合には逆断層型の地震となる。

アウターライズ地震は、プレート境界型地震によって断層が破壊された影響で引き起こされることが多い。1993年に発生した昭和三陸地震は、その37年前に起きた明治三陸地震?の影響を受けて発生した(正断層型の)アウターライズ地震だったと見られている。

2011年4月17日現在、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の余震の中でアウターライズ地震に該当する地震があったと見られており、今後の発生も懸念されている。

アウターライズ地震は陸地からは離れた場所で発生するため、陸地での揺れは比較的小さいものの、併発する津波は大規模なものになりやすいという特徴がある。