スマートフォン用の表示で見る

アウダイール

スポーツ

アウダイール

あうだいーる

ALDAIR Nascimento dos Santos

ブラジルのサッカー選手。

1965年11月30日生まれ。身長182cm/体重77kg。

ポジションはディフェンダーセンターバック)。

セリエAASローマでは13シーズンにわたってプレーし、2000-2001シーズンには念願のスクデットを獲得した。彼が付けたASローマ背番号6は永久欠番となっている。

ブラジル代表としては1990年・1994年・1998年のFIFAワールドカップに出場。

1994年FIFAワールドカップでは守備陣の要としてブラジル4度目の優勝に貢献した。

1996年アトランタオリンピックではオーバーエイジ枠で出場。日本では「マイアミの奇跡」と呼ばれたグループリーグの初戦・日本対ブラジルで、路木龍次が蹴ったロングボールの処理を誤ってGKジーダと交錯、伊東輝悦決勝点を許す失態を演じた。

2004年で一旦現役を引退したが、2007年にサンマリノのクラブで現役復帰した。