スマートフォン用の表示で見る

アウン・サン・スー・チー

社会

アウン・サン・スー・チー

あうんさんすーちー

Daw Aung San Suu Kyi

ミャンマービルマ)の民主化運動指導者。政治家

アウン・サンキン・チーの長女。

略歴*1

生年月日:1945年6月19日、生まれ。

出身地:ヤンゴン

現職:国民代表院下院議員、国民代表院法の支配・平和安定委員会委員長、ミャンマー国民民主連盟(NLD)議長

経歴

1960年インド大使となった母親キン・チーに同行しインドニューデリー居住

1962年デリー大学政治学を専攻

1964年オックスフォード大学哲学政治学経済学を専攻

1972年、オックスフォード大学の研究者マイケル・アリス氏と結婚

1985年京都大学東南アジア研究所研究員(〜86年)

1987年ロンドン大学アジアアフリカ研究所

1988年8月、母親の見舞いのために帰国し、民主化運動に参加

1988年9月、国民民主連盟(NLD)を結成し、総書記に就任

1989年7月、国家防御法違反により自宅軟禁

1991年3月、NLDにより総書記を解任

1991年10月、ノーベル平和賞受賞決定

1991年12月、NLDにより党籍を剥奪

1995年7月10日、自宅軟禁解除

1999年10月、NLD総書記に復帰

2000年9月、当局により地方訪問を阻止され、行動制限措置(自宅軟禁)を受ける

2002年5月、行動制限措置解除

2003年5月、地方遊説中、当局により拘束下に置かれる。

2003年9月28日、自宅軟禁措置。

2009年5月、米国人自宅侵入事件で、禁固3年の判決政府の特別措置で刑期を1年半に短縮、自宅軟禁措置に変更。

2010年11月、自宅軟禁解除。

2012年1月、国民民主連盟(NLD)議長に就任。

2012年4月、国民代表院補欠選挙にて立候補し、当選。

*1:外務省ホームページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/page3_000087.html など参照