アキバ田代通り

地理

アキバ田代通り

あきばたしろどおり

千代田区外神田4丁目、トウキョウタイムズタワーから秋葉原UDXビルの間の225メートルの通りの通称名。

同名に含まれる「田代」は、同地区「外神田四丁目」が1872年、俗に「神田代地(かんだだいち)」とも称されていたことから、それを略して「田代町」と名付けられた。

1947年からは、神田田代町と改称されたが、1964年に住居表示が実施された際、周辺の町の一部と合併して、現在の町名に至ることから由来する。