アクバル

読書

アクバル

あくばる

【Akbar】ジャラールッディーン・ムハンマド・アクバル(ペルシア語: جلال‌الدین محمد اكبر‎ , Jalāl'ud-Dīn Muhammad Akbar 、1542年11月23日 - 1605年10月13日)

ムガル帝国の第3代君主(在位1556年 - 1605年)。アラビア語で「偉大」を意味するアクバルの名にふさわしく、中央アジアからの流入者であった祖父バーブルの立てたムガル朝を真に帝国と呼ばれるにふさわしい国家に発展させ、アクバル大帝(اکبر کبیر , Akbar-e kabīr)とも呼ばれる。ムガル帝国の第2代君主フマーユーン (Nasiruddin Humayun) の子。

皇帝フマーユーンが玉座を追われ、インド西部を逃亡中に生まれた。フマーユーンが再び玉座にもどってまもなく死んだため、弱冠13歳で皇帝の座についた。1556年パーニーパットの戦に勝った後、ベンガル湾からアラビア海にいたる広大な領土を平定し、ムガル朝の基礎を築いた。北インド全域を制圧して帝国の基礎を確立。ヒンズーに対して寛容で、ジズヤ人頭税)を廃止しイスラムとの融和を図った。