アクメツ

マンガ

アクメツ

あくめつ

脚本・田畑由秋、作画・余湖裕輝週刊少年チャンピオン連載。

普通の高校生だった迫間生が、『違う場所に同時に存在する』『死んでも死なない』という特殊な能力を身に付けた。その能力を駆使し、不正を働く悪党官僚政治家達をテロによって殺してゆく様子を描いている。「アクメツ」とは「悪滅」。ただし、テロといえど周囲の人間は殺さず、ただ目標のみを殺し自らも死ぬ。アクメツのマスクは悪滅を実行したアクメツの記憶をデータにしたものをとある場所に送り、次のアクメツへ受け継がれる。現在は迫間生(アクメツ)バージョン3(130人分のデータが蓄積)までが確認されている。

2006年3月23日発売の週刊少年チャンピオン4月6日号(No.17)にて、最終回を迎える。

作品に流れるテーマは非常に重いが、漫画自体は底抜けに明るい。ギャグシーンも多く、『スクライド』のカズマのシルエットが出たり、実在する有名人・著名人や実際の政治家をモチーフにしたキャラ像等、また『パワーパフガールズ』のパロディキャラがたびたび現れるなど、

エンターテインメント性には全く事欠かない作品であると言える。

関連語:リスト::漫画作品タイトル コミック