アサコール

潰瘍性大腸炎の治療に用いられる薬。

5-アミノサリチル酸(5-aminosalicylic acid:5-ASA)の略号である“ASA”と大腸の英語colonの最初の3文字“col”を組合せて命名された。(ゼリア薬品工業、インタビューフォームより)

アサコールは、スイスのTillotts Pharma AG社で開発され、海外では1984年に承認され、60を超える国や地域で使用されている。日本では、ゼリア薬品工業から2009年に発売開始。