スマートフォン用の表示で見る

アサルト

ゲーム

アサルト

あさると

ナムコが開発・発売したアーケード向けシューティングゲーム。全10面。

戦車を操り、敵戦車や砲台を撃破していく。

プレイヤーが操作する戦車は、ゲーム画面上に固定して表示されている。2本のスティックレバーで戦車を操作すると、背景がスクロール・回転していくのが特徴。

背景やスプライトの回転・拡大/縮小機能を持ったシステムボード「システムII」の第1弾として、その機能を十二分に生かしたゲームだった。

のちに、ゲームスタート時に2段階の難易度を選択できる「アサルトプラス」も発売された。

家庭用ゲーム機では、プレイステーション用「ナムコミュージアム Vol.4」(ASIN:B00005Q2W5)に収録されている。

プレイヤーが操作する主人公の戦車は、大河原邦男がデザインした。

ストーリー

人類は、増えすぎた人口を宇宙へ移民させることにした。見つかった星は浮遊大陸がいくつも連なる、物理法則を超越した場所だった。先遣隊は原住民と接触、ごく散発的な抵抗にあったがこれを撃退した。

大陸は、人間が住むのにふさわしい土地だった。次々に都市が開発されていく。原住民の反撃をおそれ、武装都市になっていった。各種の戦車部隊を配置し、守備に余念がない。

そしてプレイヤーは原住民のファイターとなり、戦車を駆って人類に復讐を挑むのである。