アジアフォーカス・福岡国際映画祭

アジアフォーカス・福岡国際映画祭

(映画)
あじあふぉーかすふくおかこくさい

(公式ホームページから引用・一部加工)
 福岡市制100周年を記念して1989(平成元)年に開催された「アジア太平洋博覧会」で培われたアジアとの交流の輪をさらに深めるために、翌90年から始まった事業が「アジアマンス」である。「アジアフォーカス・福岡映画祭」は、このアジアマンスの主要事業のひとつとして、91(平成3)年にスタートした。
  上映作品の選定にあたっては、映画祭ディレクターが事務局スタッフとともに実際にアジア各地に足を運び、現地調査を行っている。また、作品の上映にあたっては、監督・主演者等をゲストとして招待し、会場でのデスカッションやシンポジウムなどで市民との交流を図っている。
 ほとんどの作品が日本初公開となるため、ニュープリントを輸入し、日本語字幕を付けての上映となるが、本映画祭ではさらに、アジア各地から参加するゲスト及び地元の留学生が鑑賞できるように、英語の字幕も付けている。

新着ブログ: アジアフォーカス・福岡国際映画祭