スマートフォン用の表示で見る

アジアリーグ

スポーツ

アジアリーグ

あじありーぐ

[英] ASIA LEAGUE ICE HOCKEY

アジアリーグアイスホッケーは、日本アイスホッケーリーグアジアに拡大した新リーグ。

2003年に日本リーグの4チームと韓国ハルラウィニアによって従来の日本リーグと並行する形で発足された。

2004年には中国2チームとロシアゴールデンアムールも加わり、日本リーグを発展的解消し本格始動。

2005年はゴールデンアムールが経営難により撤退。中国韓国各1チームが加わり9チームとなる。

2006年はノルディック・バイキングスが撤退し、8チームとなる。

2007年、浩沙と長春富奥が合併中国シャークスにチーム名を変更。7チームとなる。

2008年、中国シャークスの日本語表記名をチャイナシャークスに統一。

2009年、SEIBUプリンスラビッツが廃部し、東北フリーブレイズ新規参入。チャイナシャークスをチャイナドラゴンにチーム名変更。

試合方式

レギュラーリーグとプレーオフに分かれる。

レギュラーリーグ
ホーム&アウェー方式を基本として7チーム6回戦総当りで行われる。
プレーオフ
レギュラーリーグ4位までのチームが進出し、セミファイナルとファイナルで構成。セミファイナル1位-4位、2位-3位の組合せで5戦3先勝方式。セミファイナル勝者が5戦3先勝方式のファイナルに進む。

勝敗

レギュラーリーグ
3ピリオド終了後、同点の場合は5分間のサドンビクトリーサドンデス)方式によるオーバータイム延長戦)を4on4で行う。それでも決着付かない場合は引き分け。
プレーオフ
3ピリオド終了後、同点の場合は20分間のサドンビクトリー方式によるオーバータイムを行う。それでも決着が付かない場合は同様のオーバータイムを決着が付くまで繰り返し行う。

順位決定

レギュラーリーグ
勝ち点制により、勝ち点の高い順に順位とする。勝ち点は60分勝ち3・オーバータイム勝ち2・引き分けorオーバータイム負け1・60分負け0。
プレーオフ
ファイナルの勝者を優勝、敗者を準優勝とする。セミファイナル敗者のうち、レギュラーリーグの順位が高いほうを3位、低い方を4位とする。