アセチレン

アセチレンは、炭素数が2のアルキンである。分子式はC2H2。アルキンのうち工業的に最も重要なものである。

三重結合?をもつため、付加反応を起こしやすく、水素が付加されると、エチレン?、エタン?に変わる。


近年ではIUPAC名であるエチンが使われはじめているが、依然として慣用名であるアセチレンの方が一般的である。

最近は、導電性がたかいポリアセチレン?が発見され、さらに、螺旋型ポリアセチレン?などの剛直な分子も提案されている。