スマートフォン用の表示で見る

アゼルバイジャン共和国

地理

アゼルバイジャン共和国

あぜるばいじゃんきょうわこく

Republic of Azerbaijan (英)

アゼルバイジャン

人口:840万人(2006年、国連情報)

首都バクー

面積:86,600平方km

主要言語:アゼルバイジャン語(チュルク語派)

主要宗教イスラム教

平均寿命:63歳(男性)、70歳(女性)(国連情報)

通貨単位:1マナト=100ギャピック

主要輸出品:石油、石油製品

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/country_profiles/1235976.stm#facts

カスピ海南岸の国。1991年ソ連の解体により独立したCIS諸国の一。

世界最古のバクー油田を擁する産油国。近年では新たにカスピ海の海底油田が注目を集めている。

もともとはペルシャ領だったが、1828年ロシア帝国の一部となった。1918年にロシア帝国崩壊に伴って独立するが、1920年ソ連軍の侵攻を受けてアゼルバイジャンソヴィエト社会主義共和国となった。

人口の9割はトルコ系のアゼルバイジャン人だが、ナゴルノカラバフ自治州ではアルメニア人が多数を占める。このため、隣国のアルメニアを巻き込んだ紛争が発生した。


リスト::国家